防水工事

雨漏りや生活水などの漏水を防ぎ、建物の資産価値を維持すること。
防水工事には、そんな重要な役割があります。
屋根や外壁はもちろんのこと、忘れてはいけないのが、日々風雨や直射日光にさらされているベランダや屋上。
これらの場所は、防水を怠ると致命的な浸水経路になってしまいますので、充分に注意することが必要です。

一口に防水工事といっても、その工法は実に様々。
施工箇所の用途や状態に合わせて最適な工事をご提供しておりますので、まずはお気軽にご相談ください。


■ 防水工事の種類

◎ ウレタン塗膜防水
特殊な塗料を塗ることで防水膜を作る、比較的お手軽な工事法です。
複雑な場所にも簡単に施工でき、様々な場所で使用されているのがその特徴。
工事期間が短く、熱が発生したり廃材が出たりすることがないため、周辺環境にもやさしい工法です。

◎ シート防水
ゴムや塩化ビニルで出来たシートを下地に貼り付けることで防水します。
工事期間も短く、既存の防水層の形状に関わらず、上からかぶせて施工することが可能。
塗装などのメンテナンスが必要なく、カラフルな色や模様付きのシートも登場しているため、見た目を美しく保つことができます。

◎ FRP防水
FRPとは「ガラス繊維強化プラスチック」のこと。
軽量かつ強度、耐水性に優れており、コストは高めですが確かな防水層が確立できます。
重歩行や車両歩行にも耐えることができるため、出入りの多いベランダ・バルコニーの防水におすすめです。

一覧に戻る

▲TOPへ