サイディング工事

外壁には、モルタル・塗り壁・タイル・レンガ・セラミック外壁・ALCなど、様々な種類があります。
中でも、新築の外壁材の約8割に使われるなど、近年人気が高まってきたのが「サイディング」。

硬質で密度が高く、耐震性や防火性、遮音性などに優れていること、商品的なバリエーションも豊富なことから、多くのお客様に支持されています。

■ 主なサイディングの種類

◎ 窯業系サイディング
セメントと木質系の成分を主な原料としているサイディングで、近年最も多く住宅に用いられています。
自然石やレンガ、タイルなど、本物の質感を再現した、多彩なバリエーションが人気を集めています。

◎ 金属系サイディング
スチールやアルミニウムなど、金属鋼板を加工したサイディングです。
断熱性・防火性に優れており、軽量なので、既存の外壁材の上から新しい外壁材を張る「カバー工事」におすすめです。

◎ 樹脂系サイディング
塩化ビニル樹脂を原料としているサイディングで、長期間使用しても、色落ちや劣化の心配がありません。
シーリング材を使っておらず、定期的に塗装する必要もないため、基本的にはメンテナンスフリーです。

◎ 木質系サイディング
天然の木材を加工して素材にしたサイディングで、温かい風合いが人気を呼んでいます。
他のサイディングと比べて腐食や劣化が早いため、不具合を発見した場合は、早めにメンテナンスを行うことが大切です。

一覧に戻る

▲TOPへ